6月12日(水)

頭の中がぼんやりしてすっきりしない毎日を過ごしている。ほんとうに死ぬまでの時間潰しという感じ。ときどき不安の発作がおきて家族に呪いのような連絡をしては無視されたりうんざりされたりしている。最近はよく好きな小説家が歌手時代にリリースしたアルバムを聴いている。あれは心がおしまいになったときに聞きたくなる。

 

 

組織の人と会う。相手もわたしと会いたいわけではないことが如実に伝わってきた。

ネットで賃貸物件を探すけれど、ピンとくるところがない。先月末に無理して内見にまで行ったのに、結局決めきれないまま。

撮り溜めたドラマを観る。虎に翼、くるり、ナインボーダー、燕は戻ってこない、Root、ギフテッド。

休日に出かけないでぼんやりする日々が続く。けれど逆に疲れることにも気づき始めている。出かけた方が気分転換になるのにできない。やりたいなとぼやりと浮かんだ考えは、次に思い出すまで忘れてしまう。

 

 

 

昔はよく手帳に日記や気持ちを書き殴っていた。ちょうど大学生になってからだろうか。卒業後にニートに突入してから本格的になり、誰にも見せられないメモ帳やノートが何冊も溜まった。なんとか勤め先を得て、仕事以外何もせずにダラダラと過ごし、友人をなくし、組織でも居場所を失い、体調を崩し、他責で同僚や会社の不満ばかり、全ては自業自得だと絶望する、そんな毎日を汚い文字で書いたノート。五年前と同じことで悩んでいること、読み返すこともほとんどないことに気づいて、だんだん書く頻度も減っていた。それを一、二年前に部屋の片付けのときに処分した。読まれたくないからシュレッダーにかけた。シュレッダーするためにリングや表紙を剥ぐのがとても面倒だった。 紙袋を何十にもしてガムテープでぐるぐる巻きにして捨てた。そのときにもう紙に書くのはやめようと思った。こうしてネット上で打てば良いじゃんと思った。でもなんか違った。頭の中の整理ができなくなったまま、その場しのぎでおどおどしながら過ごしている。

 

 

Twitterをひたすらスクロールする。面白くもないのに目が離せない。